次期iPhone、「すりガラス」を採用との噂

f:id:mas11kk:20190218234058j:plain

この記事のまとめ

・次期iPhoneは本体背面にすりガラスを採用

・iPhoneから他デバイス(Apple WatchやAirPods)を充電する「逆充電」に対応

・Face ID 2搭載

・Lightningケーブルを採用

 

本体背面に「すりガラス」を採用か

MacRumorsが、次期「iPhone」の全てのモデルにおいて「すりガラス」が採用されることを報告しています。本情報は、リーク情報で有名なMing-Chi Kuo氏が伝えたもの。

またそのほかの新機能として、iPhoneからApple WatchやAirPodsをワイヤレス充電可能な双方向ワイヤレス充電・バッテリー稼働時間の向上・より精度が向上した「FaceID 2」に対応するとのこと。なお、本体サイズは現行モデルと同じラインナップとなり、引き続きLightningケーブルが採用されるようです。

 

iPhoneX以降、初のメジャーアップデートの年

f:id:mas11kk:20190218235729j:plain

Appleは2年おきにiPhoneをメジャーアップデートすることが最近の主流となっていることから、今年はiPhoneXの発売以降、初のメジャーアップデートの年となります。

過去の傾向より、次期iPhoneのデザインは少なからず変更されることが予想されているため、今回のリーク情報は非常に興味深いものとなります。