新型「Airpods」は”新素材”を採用し今年前半に発売か

f:id:mas11kk:20190212015516j:image

デザインが刷新される

mysmartpriceが、新型「AirPods」に関する情報を公開しました。情報によると、新型AirPodsは「新しいデザイン」「ヘルスケア機能」「低音域の向上」を特徴とするようです。

 

新しいデザイン

現在のAirPodsは、ケースや耳から取り出すときに滑りやすいといった問題があります。新型「AirPods」ではこれを解決するため、Google Pixel3のようなグリップコーティングを利用した新素材が採用されるとのこと。また、新色としてブラックモデルの存在も確認したようです。

f:id:mas11kk:20190212012146j:image

 

ヘルスケア機能

f:id:mas11kk:20190212012323j:image

新型「AirPods」は、生体認証を利用したヘルスケア機能が搭載されるようです。以前より、新型「AirPods」には心拍数計測機能が搭載されるなどの噂がいくつかあったことから、この件はほぼ間違いないといっていいでしょう。またこれに関連するか定かではないですが、AppleのCEOティムクック氏は、今年ヘルスケアに関する新サービスを展開することを公言しています。

 

低音域の向上

新型「AirPods」はさらに音質が向上するようです。現行のAirPodsでも日常使いでは十分な音質ですが、低音域に弱いとの声があります。新型「AirPods」は内部設計から見直し、低音域の向上が見られるとのこと。

 

この他に同メディアは、新型「AirPods」はBluetoothの最新規格である「Bluetooth 5.0 Low Energy」にも対応すると伝えています。

 

3月に新型iPadと同時発表か

f:id:mas11kk:20190212013353j:image

DigiTimesによると、新型「AirPods」は今年前半に発売されると報じています。これはAppleのサプライチェーンの情報で、発売が噂される今年3月頃から大幅な増収が予測されていることから判明したもの。また、同時期に「AirPower」が発表されることも報じられています。