「iPhone XS Max」後継機は大容量バッテリー、高速ワイヤレス充電、3眼カメラが特徴か

f:id:mas11kk:20190117111942j:plain

この記事のまとめ

■iPhone XS Max後継機の情報が公開

 ・4,000mAhの大容量バッテリー搭載

 ・15Wの高速ワイヤレス充電対応

 ・リフレッシュレート90〜120Hz

 ・3眼カメラ搭載

歴代iPhone最大のバッテリー容量を搭載

MacRumarが、「iPhone XS Max」の後継機に関する情報を公開しました。情報によると、「iPhone XS Max」後継機は、4,000mAhの大容量バッテリー(現行は3,174mAh)を搭載し、15Wの高速ワイヤレス充電(現行は最大7.5W)が可能になるとのこと。またディスプレイにも変更が加えられ、90〜120Hzのリフレッシュレートを採用するようです。

リフレッシュレートとは

画面を一秒間に何回リフレッシュ(更新)するかという数値のこと。リフレッシュレートの値が大きいほど、画面表示の滑らかさが増す。

 

3眼カメラについても言及 

MacRumarは、過去にも噂されている3眼カメラについてもコメントしています。iPhone XS Max後継機の外観は現行モデルとほとんど変わらず、「広角」「光学3倍望遠」「超広角」の3種類のレンズを搭載するとのことです。

www.timestory.site