次期iPhone、Lightningポート搭載でカメラ性能が向上か

f:id:mas11kk:20190117111942j:image

次期iPhone うわさのまとめ

■Lightningポートを搭載

■背面カメラは3つ搭載。

   それぞれ画素数は、

  ・1,400万画素

  ・1,000万画素

  ・不明

■インカメラの画素数が1000万画素に向上

USB-Cは搭載せず

インドメディアのCompareRajaが、次期iPhoneにのスペックに関する情報を公開しました。

CompareRajaによると、次期iPhoneでは引き続き、Lightningポートを搭載するとのことです。iPhoneへのUSB-Cポート搭載を望む声は多いため、この情報が本当なのであれば少し残念な結果となります。

 

カメラは画素数が向上

CompareRajaは、カメラについての情報も公開しています。

次期iPhoneのインカメラは1,000万画素(現行は700万画素)になるとのことです。

また、背面のトリプルカメラのうち1つは1,400万画素、1つは1,000万画素、もう1つの性能は不明、とのことです。
今回の情報について米メディア9to5Macは、iPhone XS/XS Maxが1,200万画素のカメラを2つ搭載することから、1,400万画素のカメラを2つと1,000万画素のカメラが1つになることも考えられる、と指摘しています。
なお、これらの情報は1月初旬に公開された設計の初期段階のもので、今後変更される可能性も十分考えられます。

 

CompareRaja, 9to5Mac