新「Smart Battery Case」、前モデルと比べバッテリー容量が約1000mAh減っていることが明らかに

f:id:mas11kk:20190117010640j:image

前モデルより1000mAh少ない

昨日発売されたiPhone XS/XS Max/XR用の「Smart Battery Case」のバッテリー容量が判明しました。これはThe Wirecutter社のNick Guy氏が明らかにしたもので、バッテリー容量は全モデルとも1369mAhであるとのことです。

 

Qi採用による弊害か

iPhone7用の「Smart Battery Case」バッテリー容量は2365mAhであったため、今作は前モデルと比べ996mAh少ないこととなります。ちなみにiPhone6用の「Smart Battery Case」は1877mAhでした。

今作はQi規格に対応によるコイルの内蔵が必要であったため、その分バッテリー容量が削られたものと推測されます。

 

www.timestory.site