これが未来だ!CES2019、注目製品まとめ

f:id:mas11kk:20190115160614j:plain

今年もCESが開催されました。CESとは、世界最大のITや家電製品の展示会のこと。各国の企業が、最新技術を駆使した新製品を披露します。

今年もワクワクする製品がたくさん発表されました。そんな中でも特に素晴らしい!と感じた製品をまとめてご紹介します。

 

空飛ぶタクシー「Bell Nexus」

f:id:mas11kk:20190115161448j:plain

大手航空機メーカー Bell Helicopter (ベルヘリコプター)が空飛ぶタクシーのコンセプトモデルを発表しました。Bell Helicopter は、あのオスプレイのメーカーとしても知られています。そんな会社がタクシーを作りました。その名も「Bell Nexus」です。

CES2019では、開発中である機体が展示されました。

f:id:mas11kk:20190115162728j:plain
メカメカしいデザイン。まるでSF映画の世界です。最高時速は約240km、航続距離は約240kmとなります。ちなみにタクシーとはいえ運転手はいません。全自動運転で行きたい場所に飛んでくれます。機内には大きな窓があり、拡張現実(AR)を駆使した空の旅を楽しめるようになっているとのこと。2023年以降に商用化を予定しています。

 

VRの真骨頂「VIVE PRO EYE」

f:id:mas11kk:20190115163910j:plain

HTCがVRヘッドセット「VIVE」の新製品を発表しました。VRヘッドセット市場では最高ランクの解像度、処理速度を実現しています。解像度はなんと2880×1600ピクセル。あのPlayStation VRの解像度が1920×1080ピクセルですからその差は歴然です。さらにこの「VIVE PRO EYE」はもうひとつの特徴を持っています。

それがこちら。

f:id:mas11kk:20190115164633j:plain

画面左上に焦点(ピント)があっているのがわかるかと思います。実は「VIVE PRO EYE」はユーザーの視点をトラッキングすることで、注視している部分の映像を鮮明に表示させ、それ以外をボヤけさせることが可能となっています。つまりGPUを、注視している部分にだけ集中的に使用すれば良いので、高解像度でも滑らかに表現することができます。発売日や価格などの情報は今年後半に発表予定です。

VIVE PRO EYE | HTC

 

ロボット犬による無人宅配サービス「CUbE」

f:id:mas11kk:20190115165700j:plain

自動車部品メーカーのContinental社が発表したのは、自動配送車とロボット犬を組み合わせたサービスです。自動運転で家の前に停車したあと、ロボット犬が玄関口まで商品を届けてくれます。最近はドローンを使用した無人宅配サービスが本格展開され始めるなど、人の手が介入しない配送サービスが注目されています。そんな中「CUbE」はドローンでは届けにくいエリアでの展開を狙っています。

 

部屋にいるだけで充電できるスマホケース「Forever Sleeve」

f:id:mas11kk:20190115171515j:plain

昨今の無線充電は、"無線"といえど「スマホを置いている状態でなければ充電されない」「スマホを触りながら充電できない」など不満点があります。この「Forever Sleeve」はそんな充電の悩みをすべて解決してくれる夢のデバイスです。

f:id:mas11kk:20190115173415j:plain

Wi-Fiルーターのようなトランスミッターから電波を送り、レシーバーが受信した電波を電力に変換することで、3〜4m程度離れた場所まで電気を送ることができる技術を使用することで、部屋のどこにいても充電できるようになります。さらに、この技術は同時に複数のデバイスを充電することも可能とのこと。2年ほど前にiPhoneに同様の昨日が搭載されるのではないかと話題になりましたが、サードパーティが先に実現しそうですね。最近のAppleの失速が気になるところではありますが...

 

折り曲げ可能なスマホ「FlexPai」

中国メーカー Royoleが折りたたみディスプレイを搭載したスマホ「FlexPai」を展示していました。すでに本製品の発表はされており、CES2019では実機の展示を行なったかたちになります。

f:id:mas11kk:20190115173910j:plain

Royoleは、実はスマホメーカーとしては全くといっていいほどの無名の企業。ディスプレイの技術力をアピールするためにスマホに搭載してみたとのこと。ディスプレイは広げた状態で7.8インチ。20万回の折り曲げテストをクリアしています。1日100回折り曲げても、5年以上はもちます。すでに販売は開始されており、128GBモデルが1318ドル(約14万9000円)、256GBが1469ドル(約16万6000円)となっています。

折りたためる話題性は抜群ですが、実用性はどれほど期待できるのか未知数なところはありますね。

 

ロールアップテレビ「OLED TV R」

世界初の"巻き取り式テレビ"。詳細は別記事で紹介しています。

www.timestory.site

 

有機ELの時代が終わる...「Micro LED」

Samsungが有機ELの次世代技術を発表しました。これはすごいですよ。こちらも別記事でご紹介しています。

www.timestory.site