【日本すごい】GPSの精度が数cmになるぞ

f:id:mas11kk:20190106224605j:plain

日本版GPS「みちびき」サービス開始!

2018年11月、衛星測位システム「みちびき」のサービス運用が開始しました。衛星測位システムとは衛星からの電波によって位置情報を計算するシステムのことで、米国のGPSがよく知られており、「みちびき」を日本版GPSと呼ぶこともあります。

 

高精度で安定した衛星測位サービスが可能に

f:id:mas11kk:20190106225047j:plain

現在、Googleマップなどの地図アプリは米国の衛星測位システム「GPS」を使用しています。安定した位置情報を得るためには、より多くの衛星が見えることが望ましいです。しかし現在のGPSは、都市部や山間部ではビルや樹木などに電波が遮られて、位置情報が安定的に得られないことがあります。

 

そこで2018年11月から、衛星の数を増やし位置計測をより安定させるために「みちびき」を4機体制で運用開始しました。このうち3機はアジア・オセアニア地域の各地点では常時見ることができます。みちびきはGPSと一体で利用できるため、安定した高精度測位を行うことができます。

「みちびき」の数は今後も増加する予定で、2023年には7機目の打ち上げを予定しています。

f:id:mas11kk:20190106230003g:plain

 

 

位置情報の精度が数cmになる?

位置計測用の衛星数が増えることで、位置計測の精度自体も格段に向上します。その精度はなんと数cm(センチメータ級測位補強サービス)。現在のGPSの精度は10m程度であるため、その差は明らかです。

f:id:mas11kk:20190106230535p:plain

 

すでに打ち上げ済みの4機の軌道は2通り。日本の真上に長くとどまる「準天頂軌道」をたどるのが合計3機。残り1機は、日本から見て低空位置にとどまる「静止軌道」をたどります。「準天頂軌道」をたどる3機は日本のほぼ真上に約8時間位置し、交替で日本の真上に来るため、24時間常にどれかの「みちびき」が日本の真上に見えることになります。

f:id:mas11kk:20190106230656p:plain

 

 

スマホでの利用はまだ先

残念ながら、誤差数cmの技術「センチメータ級測位補強サービス」はアンテナや受信機のサイズは大きく異なることから、スマホのようなモバイル端末での利用はできません。「センチメータ級測位補強サービス」は測量、情報化施工(建設機械を高精度に操作して施工する手法)、IT農業(農機を高精度に操作して農地管理をする手法)での利用が想定されています。

現在、スマホで利用できるみちびきの機能は「衛星測位サービス」のみとなります。都市部や山間部でも安定して位置情報を受信することができます。

「衛星測位サービス」に対応している端末は以下の通り。

f:id:mas11kk:20190106231937p:plain

 

アンテナや受信機の小型化に期待

現在スマホで高精度位置情報機能を利用することはできませんが、今後アンテナや受信機の小型化が進むことで、将来的にはスマホにも受信機が搭載される日が来るかもしれません。

 

参考:みちびき公式サイト - 内閣府