これぞデジタル広告の真骨頂。SABONの広告が話題に

f:id:mas11kk:20181223085020j:image

これ好き

背景がスクロールする新広告

まずはこちらのツイートをご覧下さい。

ボディケアブランドSABONのデジタル広告です。なんと広告自体が動いているのではなく、額縁の奥にある広告を自分の手でスクロールして見る新しいタイプの広告。斬新ですね。

 

限られたスペースに最大限の情報量

f:id:mas11kk:20181223092343j:image

この広告が他と違うのは、その情報量です。

今日のデジタル広告はスマホ画面の半分くらいのスペースに宣伝情報を詰め込んでいます。画面の半分以上を広告が占めると、ユーザーが不満に思うからです。それに対し今回のスクロールタイプの広告は、スマホ画面サイズの宣伝情報を載せることが可能。なおかつ画面全体に占める広告スペースは全体の半分

つまり、今までと同じスペースに2倍の情報を載せることができるのです。

 

デジタル広告のスタンダードになるか

現在のところ、この新タイプ広告を打ち出しているのはボディケアブランドのSABONだけですが、間違いなく採用企業は増えていくでしょう。デジタル広告の今後の動向に注目です。