Bose、音を聴くARサングラス「Bose Frames」を発売へ

f:id:mas11kk:20181214013214p:plain

Boseは音を聴くARサングラス「Frames」を、2019年1月より199ドル(約2万2000円)で発売すると発表しました。

 

ARに新たなジャンルが登場

f:id:mas11kk:20181214010319j:plain

「Frames」はもともと2018年3月のSXSW2018で「Bose AR」という名称で出展されていたプロトタイプが商品化したものです。目で見ることに主眼に置かれている他のARグラスとは違い、耳から入ってくる情報や経験を拡張することを特徴としています。

例えば、「Frames」を着用したユーザがレストランを視界に入れると、レストランの情報を音声でユーザーに伝えてくれます。

 

音楽再生・通話もできる

音楽はもちろん、通話もすることが可能です。BluetoothのプロファイルはA2DP/HFPに対応。小型化したスピーカーをツルの部分の後部に内蔵し、耳を塞がずに音楽を聴くことができます。防水性能はIPX2。ウォータースポーツなどの使用には対応していません。また、GPSを活用した位置情報機能とモーションセンサーによるユーザーの進行方向の特定も可能となっており、地図案内にも対応するとのこと。

 

フレームの形は2タイプ

f:id:mas11kk:20181214005658p:plain

「Frames」シリーズには、レンズの形状の異なるAltoとRondoの2モデルがあります。丸タイプと四角タイプですね。フレームの形状のみで、性能に差異はありません。

 

SiriやGoogle Assistantも使える

AR機能は発売時には限定されており、スマートフォンと連動したSiriやGoogle Assistantの起動のみが可能です。今後順次対応機能が増えていく予定。Boseの発表によると専用のアプリは、発売以降に配信されます。

 

(私はこう思う)サングラスである意味はあるか

f:id:mas11kk:20181214011554j:plain

ARといえば「現実世界に何かしらの情報を投影するもの」と思われがちですが、一般には現実世界に情報を付け加えることを指します。今回発表された「Frames」もそのひとつ。映像を投影することこそできませんが、音という情報を現実世界に付け加えています。(ちなみに、有名メーカーがこのような製品を発表するのは初)

 

とはいえ、よくよく考えてみると目新しい機能はありません。位置情報をもとに音声を出しているだけなので。。。ARとサングラスを組み合わせることでなんとなく近未来感がでている気がしますが、もはやイヤホンでいいのでは?と思ってしまいました。