【レビュー】ANKERのプロジェクターが超オススメな理由

最近、プロジェクターを購入しました。

私はガジェット系製品をよく購入しますが、その中でも今年購入した製品No.1の商品だったため、レビューをお届けしたいと思います。

 

その名もNEBULA

私が購入したプロジェクターは『Anker Nebula Capsule pro

モバイルバッテリーで有名なANKER製のプロジェクターです。

では本体の写真をご覧ください。

f:id:mas11kk:20181121220120j:plain

「えっ、これがプロジェクター?」

と思った方もいるのではないでしょうか。

これ、なんと350mlアルミ缶とほとんど同じサイズのプロジェクターなんです。

 

小さくてもスゴイ

実際に手で持ってみたサイズ感がこちら。

f:id:mas11kk:20181121221734j:plain

小さいですね。

しかし、小さいからといって侮るなかれ。

こんなに小さくても、一般的なプロジェクターにはない機能が凝縮されています。

 

Androidが搭載されている

まずはこれ。なんとAndroidが搭載されています。

Androidが搭載されていると何ができるのか。次のようなことができます。

  • YouTubeを見る
  • NETFLIXを見る
  • Amazonプライムビデオを見る
  • 写真や動画を見る

などなど...。これはほんの一部で、自分で好きなアプリをダウンロードすることができます。

ちなみに、スマホの画面をミラーリングさせることも可能です。

 

HDMI端子搭載 

HDMIもきちんと搭載されています。

これは最近のプロジェクターでは当たり前ですが、念のため。

 

バッテリー内蔵

Anker Nebula Capsule pro』は携帯型プロジェクターです。いつでもどこでも大画面を楽しむことができるように、約4時間のビデオ再生が可能なバッテリーが搭載されています。

映画1本は余裕で見られますね。短編であれば2本見ることだってできます。

流行りのキャンプにはもってこいの一品です。

ちなみに音楽再生のみであれば約30時間の再生が可能です。

 

音がいい

これだけ小さいので音質には期待していなかったのですが、しっかりとした重低音が響きます。迫力のある音とともに大画面を楽しむことができますよ。

また音量に関しても申し分ありません。一人暮らしであれば大きすぎる音量を出力することが可能です。

 

価格が安い

一般的なプロジェクターは10万円以上が普通です。

しかしこの『Anker Nebula Capsule pro』はなんと44,800円。破格の値段です。

 

天井に投影可能

実はこれがこの製品の醍醐味だったりします。

ベッドに横になった状態で、映画を見ることができてしまうのです。

天井に投影した瞬間、思わずニヤけてしまいました。この感動は是非とも体感していただきたいです。

youtu.be

 

スマホリモコンがよくできている

私がすごく気に入っている機能です。

Anker Nebula Capsule』は付属リモコンでの操作に加え、専用アプリをインストールすることでスマホをリモコンとして使用することが可能です。

このスマホリモコンの操作方法が非常に直感的で使いやすい。手元を見なくても操作ができてしまいます。

プロジェクターを使用する際は部屋を暗くしますから、手元を見ずに操作できるUIはこの上なく便利なのです。

 

梱包が丁寧

最後に個人的に重要なポイント「製品梱包」について。

製品梱包ってすごく大事だと思っています。開封時のワクワク感はその商品の印象を左右することになるので。

ANKER製品は梱包が綺麗なメーカーの一つですが、『Anker Nebula Capsule pro』は群を抜いて綺麗な梱包がなされていました。

f:id:mas11kk:20181121230105j:plain

外箱を開いた様子。蓋には磁石が内蔵されており、側面にくっつく仕様。

f:id:mas11kk:20181121230208j:plain

取扱説明書等が入った箱。印刷デザインも美しい。

f:id:mas11kk:20181121230138j:plain

付属品の一部。リモコン含めデザインの洗練性をお分かりいただけるだろう

イマイチなところ

ここまでいいとこづくしですが、あえて気になるポイントもご紹介します。

・画面補正が垂直方向のみ

 一般的なプロジェクター(価格帯10万前後)は水平垂直方向の画面補正がついていますが『Anker Nebula Capsule pro』は垂直方向のみとなります。

・ルーメンが低い

 『Anker Nebula Capsule pro』は150ルーメンです。日中に見るには確かにもう少し明るさが欲しいところ。しかし、部屋を暗くして見るにはむしろ明る過ぎる光量です。

 

プロジェクターは生活を豊かにしてくれる

f:id:mas11kk:20181121233702j:plain

いかがだったでしょうか。

正直、プロジェクター1台でここまで快適な生活が送れるようになると思っていませんでした。

もし購入に迷われているようでしたら今すぐに購入することをオススメします。

以上、『Anker Nebula Capsule pro』の魅力が十分に伝わっていれば幸いです。

 

ちなみに、少しproでなくてもいいよーという方にすこし安価なモデルもあります。明るさが150ルーメンから100ルーメンになるので注意です。